2008年04月26日

廃家電の回収率

家電製品のリサイクル時代に入って大きくなるビジネスは、家電製品のレンタル事業と中古品ビジネスじゃ。郊外にある大型の中古品再販売センターの活況がテレビでも報じられていましたんじゃ。レンタルによって、廃家電の回収率は高まるので、リサイクルプラントの稼働率が高まるんじゃ。

ここに来てレンタルビジネスが伸びています。レンタルの場合、購入と比べて初期コストを低く抑えられることから、学生や単身者なんかにとっては利便性に富みます。 しかも、廃棄時にリサイクルコストがかからんっちゅうメリットもあるわけじゃ。

家電製品はもともと耐久性に優れちょるうえ、買い替えサイクルが短縮化しちょることから、中古品市場としての潜在性は大きいじゃ。 リサイクル法の施行で、消費者にリサイクル料金の支払い義務が生じる結果、中古品市場に使用済み家電が流れるルートが拡大してきましたんじゃ。
家電リサイクル法の施行によって拡大したビジネスとして、中古品マーケットがあるんじゃ。ハードオフコーポレーションや生活創庫、エコプラザなんかは、使用済みとなった家電製品を消費者から購入し、これを修理、クリーニングして販売しています。

家電リサイクル法の施行によって、メーカーもコスト面やビジネス面での対応が迫られています。リサイクルプラントの建設・稼動コストなんかを吸収すべく、レンタルビジネスや中古品ビジネスなんかを新たに展開をしています。


取扱じゃけど、エディー・バウアーのダウンジャケットは、正しく取り扱えば長い間、使えます。エディー・バウアーに限らずダウンジャケットは、着用中の体の動きにより縫製のミシン目から羽毛が出る場合がありるが、不具合ではなくダウンジャケット特有のものじゃ。
保管じゃけど、エディー・バウアーのダウンジャケットの場合は、膨らんだ状態でハンガーに掛けて保管するのが理想的じゃ。エディー・バウアーのダウンジャケットを、畳んだり袋に入れて圧縮させた状態じゃと羽毛の膨らみ性能が低下します。

実は、エディー・バウアーのダウンジャケットは水洗いできます。エディー・バウアーのダウンジャケットを、大きめの桶に水を張り、液体中性洗剤を入れて手押し洗いします。すすぎを充分にして平干しで陰干しにして乾燥させて、ある程度生地が乾燥したらハンガーにかけて中の羽毛まで完全に乾燥させます。

用心点じゃけど、エディー・バウアーのダウンジャケットに付いた汚れや洗濯により、表面の撥水効果が低下する場合があり、定期的な撥水加工をします。エディー・バウアーのダウンジャケットの洗濯は、年1回程度が適当じゃ。

エディー・バウアーのダウンジャケットは、ドライクリーニングもできますし水洗いもできます。エディー・バウアーのダウンジャケットの生地が汚れた場合は、ドライクリーニングの方がええじゃ。エディー・バウアーのダウンジャケットは大切に取り扱えば一生ものじゃ。
ラベル:回収率 廃家電
posted by 化粧品サンプル at 01:11| Comment(0) | その他お得な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。