2005年10月28日

トルシエがモロッコ代表の新監督に就任

Philippe_Troussier.jpg

元日本代表監督のフィリップ・トルシエが、モロッコ代表の新監督に就任しました。


トルシエがモロッコですかぁ。
アフリカはフランス語圏が多いですし、フランス人監督が多いですね。

さすがアフリカの白い魔術師と言われるだけあって、アフリカでは根強い信頼があるんでしょうね。

posted by 化粧品サンプル at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他お得な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

宮本が長期離脱する可能性

01.jpgG大阪DF宮本が長期離脱する可能性が出てきた。
22日のJ1第28節・大分戦で右ひざを負傷。後半41分に途中退場して、茨木市内の病院で精密検査を受けた。検査結果は23日にも出る予定だが、じん帯損傷の恐れもある。



ガンバは、次の節だけでなく、しばらくは、宮本抜きで戦わなければならないのは必至のよう。
優勝を手にするためには、残り試合を勝ち続けなければならないガンバ、そして日本代表に与える影響も大きい!


宮本選手には、しっかり怪我を治して、万全の状態で復帰して欲しい。
posted by 化粧品サンプル at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他お得な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

プレーオフ突入

2004525040.jpgW杯予選のプレーオフの組み合わせが決定しました。

 スペイン    VS スロバキア
 ノルウェー   VS チェコ
 スイス     VS トルコ
 オーストラリア VS ウルグアイ
 バーレーン   VS トリニダードトバコ

これに伴って、チェコはネドベドが代表復帰する可能性が高まっているみたいですね。

フランスもジダン、トゥラム等が、ポルトガルもフィーゴが復帰して
土壇場で出場決めたし、まだまだ若手が育ってないのかな?
救世主として是非復帰して欲しいです!!


魅力的なチームは一杯あるんですが、ん〜楽しみ(^ー^)
posted by 化粧品サンプル at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他お得な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

フランス代表突破!!

3670418844.jpgフランスvsキプロスの一戦。


ホントにジダンがフランスをW杯に導いてくれました。
心の中で信じてはいたもののホントに実現させちゃうなんてすごいな。
もちろん、スイスとアイルランドの結果があっての事だし、そのほかの選手、スタッフの力もあっての事は事実だけど。

EUROでの大会期間中、キャプテンマークを付けていたジダンに対し、周りの選手の風当たりはあまり良くなかった等の記事を目にし、不本意な形で代表としての最後の大会を締めくくったように映ったジダン。
以前より、EUROが代表として最後の大会になることを公言してたし、2002年のW杯の雪辱を期待していただけEUROの結果はとても残念であり、ジダンがそういう立場に立たされてたということも残念な事実でした。

でも、今回の復帰に関しては誰もが彼を受け入れていたように思えたし、彼を頼りにしているようにも思えました。
実際ジダンが、ジダンらしいボールタッチやボール捌きが出来ていたのは、格下のフェロー諸島戦とキプロス戦のみと言う印象が強く、キャリアのピークが過ぎていると感じる部分や、コンディション面でも決してベストではないように見える一面もあったように思えました。

しかし、プレーの質の良し悪し以上に、彼がフィールドにいることが、各選手の精神面的な支えとしての役割を果たしているという事を強く感じさせられました。
勝手な想像だけどドラソーなんかは、後ろで背番号10を見ながらさぞかし心強く感じプレーしてたんだろうな。

もうこれで、W杯出場も決め、めでたしめでたしって感じが強いけど、本当の戦いはこれからです。
posted by 化粧品サンプル at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他お得な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

W杯の価値

436557589.jpgカメルーン代表DFピエール・ウォメ(26)が8日のW杯予選でPKを外し、W杯を逃しました。

これによりファンの大きな怒りをかってしまったようです。
自宅が襲われるは車も破壊されるはもう最悪。
身の危険もせまってるらしく、曰く「死の危険を感じた」

PKを外したときの、あの絶望感。
W杯がかかったPK。


ただ、国民的英雄だったのに、たった一つのミスで、こうも豹変するのはちょっと納得がいかない。
たしかに批判は必要だと思うし大事なことだとは思う。
それがあるから人は成長していくものだと思うし。

だからといってそれを暴力で訴えるのはどうかと思う。

ウォメはまだまだこれから活躍していく選手。
これがトラウマになり、彼のサッカー人生を大きく左右する可能性もある。
ファンならば、サッカーを愛するものならば、一時的な批判(※非暴力)にとどまり、あとはウォメの活躍を祈るべきです!
posted by 化粧品サンプル at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他お得な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

ラトビア戦

KFullFlash20051008057_l.jpgまず、結果は2−2のドローでした。
親善試合ということもあって、色々と試したり出来たので意味のある試合にはなったでしょうかね。

1点目の高原のロングシュートは素晴らしかったですね。
柳沢がPKをもらったプレイも前へ向かう姿勢がファールを呼び込んだ結果になっていたので良かった♪

でも自陣に身体を向けてボールをもらってしまうと、ほとんどバックパスしか出来なかったのはイタイ(>_<)
前半なんかはラトビア相手に意外と楽に戦っているようだったので、そこでもっと点を取って欲しかったというのが感想です。

戦況によってフォーメーションや戦術が変わっていくというスタイルはジーコ監督と日本代表の持ち味だと思うので、調整などにも時間はかかるのでしょうが、ウクライナ戦で、もしシェフチェンコに沈々にやられてしまったとしても悲嘆しないでワールドカップに向けて頑張って!!
posted by 化粧品サンプル at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他お得な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

R・マドリーが長者番付トップに!

img_65006_12606933_0.jpgR・マドリーがマンUを抜いて長者番付トップになりました。

会長のペレス氏の「大物買い戦略」の結果ですね。
このペレス会長、本業は建設プロモーター。
マドリッド空港やイラク再建などを手がける凄腕とのことですから、流石です。


それにしても。数年間タイトルから見放されているのに、今回の結果は皮肉ですね。
一番かわいそうなのは、長年のサポーターと、シーズンオフにマーケティングツアーに駆り出される選手達でしょう。

今シーズンインテルに移籍したフィーゴは話します。
「R・マドリーで一番大切な哲学は、勝つことではなくR・マドリーの名前をどれだけ世界に広めるかということだ。」
「マーケティングは勝つからこそ意味がある。このまま3、4年何も勝てなければ、中国や日本での需要も減るだろう。」


確かにタイトルから遠ざかるという事は、長い目で見たらクラブのブランド力の低下に繋がる事は素人の僕でもわかります。
さてさて凄腕ペレス会長の次の手は?
posted by 化粧品サンプル at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他お得な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

チェルシーを止めろ!

348518_BIGPORTRAIT.jpgチェルシーがリーグ開幕8連勝をして独走状態です。

リーグ最多得点で、最少失点ですからパーフェクトです!
あの鉄壁の守備はなかなか崩せないですよね。

アーセナルも今一だから、マンUくらいしか望み無いのでしょうか。。。
誰か独走を止めてちょうだ〜い!
posted by 化粧品サンプル at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他お得な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

ボアソルチ

img_65006_12418863_0.jpgカズがシドニーFCに期限付き移籍する事が決まりました。

カズらしいですね♪


カズの発言を聞いていると、まだ貪欲にサッカーを上達しようとしていて、本気で代表を意識しているのが分かります。
だからこそ、未だに現役を続けられるんでしょうね。


世界クラブ選手権で、世界一級品のクラブとカズがシドニーFCのメンバーとして戦うなんて今から鳥肌です(^^)
posted by 化粧品サンプル at 14:30| Comment(1) | TrackBack(0) | その他お得な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。